プロフィール

110番

Author:110番
仕事でのストレスから、うつを
発症してしまい、2年ほど全く
仕事が出来ない状態になり、
それでも、生きていく為には、
お金がいる。いろんな公的手段
を利用して今まで生きてこれま
した。お陰で、何とか仕事に
つける迄回復致しました。損を
してる方も多いはず!
そんな方のお役に立てる
情報を教えます。無理せず
病気に打ち勝ちましょう。

目次
最新の記事
最新コメント
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
傷病手当金の申請方法
やむなく就労が出来ない状態になり、退職をお考えの場合、退職してからの生活もあるので、
傷病手当金の手続きがお済みになってから退職をされる事をお勧め致します。
退職し被保険者の資格喪失後も任意継続か国保に加入していれば、通算1年半は受給されます。

病気・ケガで退職せざるを得ない場合、出来るだけ有利な条件で退職することが重要です。
折角長い間、健康保険料、雇用保険料を払ってきたのですから。

<傷病手当金手続き>
①療養のため労務に服することが出来ないこと。
②労務不能の日が継続して3日間あること。(年次有給休暇を利用した休業でも構いません)
③労務不能により報酬の支払がないこと。
④健康保険の被保険者(任意継続被保険者を含む)であること。

この条件を満たした場合、病院で就労不能の診断書を書いてもらい、会社に提出します。

次に社会保険事務所で傷病手当記入用紙をもらいます。

本人記入欄と医者記入欄があるので、病院で記入してもらって、会社に提出します。
会社から社会保険事務所へ提出されます。提出されて3週間後位に口座に振り込まれます。

会社に在籍中はこれの繰り返しとなります。

退職した場合、自分で社会保険事務所の方へ提出する事になります。

任意継続国保への加入をお忘れなく済ませて下さい。

<支給金額>
労務不能1日につき、標準報酬日額の6割(月給日額の約6割)が支給されます。
※平成19年4月以降は、労務不能1日につき、標準報酬日額の3分の2が
支給されます。



<<注意点>>
平成19年4月以降は任意継続被保険者の保険給付から傷病手当金の支給が
なくなります。財政難からこういうことになったようです。とりあえず、
4月までに申請した方までは、1年半もらえるみたいです。
4月以降に申請された方は、在職しておくことです。



国の不祥事のお陰で、こんな形でしわ寄せが来るのは許せないですね。

真面目に税金など払ってるのがバカらしくなってきます。



追記です!!!


平成19年4月以降は任意継続被保険者の保険給付から傷病手当金の支給が

なくなると言う事でしたが、継続して1年以上被保険者であった場合

(任意継続期間を除く)は、お仕事を終了して被保険者でなくなったあとも、

条件によって、給付を受けられます。

必ず、退職する前に会社からの申請をしてもらって、1回目の支給があってから、

退職するようにして下さいね。


スポンサーサイト
傷病手当金の申請方法 | 【2009-06-12(Fri) 22:45:50】
Trackback:(0) | Comments:(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。